O&Mサービス
OPERATION & MAINTENANCE

太陽光発電所を20年以上安定運営するために。

定期点検
PERIODIC INSPECTION

定期点検による保守管理で、異常・故障等を早期発見し、太陽光発電所で起こり得るトラブル・ロスを最小限にする為に行います。主に、PCS(パワーコンディショナ)~太陽光パネルまでの、電気主任技術者では点検できない箇所の点検を行います。点検の結果次第で、保守メンテナンスをお勧めいたします。
人の目や発電データーでは分かりにくいパネルの損傷であったりを専用機器で検査いたします。
万が一故障等があっても、太陽光メーカーが保証を出しているにもかかわらず、保証を利用できるケースは少なく発電事業者様が損をしている事が多く伺えます。

保守メンテナンス
MAINTENANCE

太陽光発電所を20年以上安定運営するために欠かせないのが、保守メンテナンスです。発電設備は、自然環境の中で運営されております。
その環境下で様々なロスが考えられます。
そこで発電事業者様が悩まれるのは、「洗浄」「防草」等の対策です。
早期発見、早期対策が最大発電量を導き出すポイントと言えます。

太陽電池モジュールの劣化
  • モジュール内部の半田不良
  • 発熱による断線
  • クラックによるセル断線
  • 接続不良
  • 小動物による被害
  • 配線の接続不良・断線
  • 台風/地震などの被害
  • 施工時の点検不足

「太陽光発電システムは設置したけどきちんと発電できてる?」「太陽電池モジュールや配線が経年劣化で発電量が落ちているのでは?」などの疑問やお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
CONTACT


ページトップへ