風力発電
WIND POWER

風車は新エネルギーの象徴

導入メリット
MERIT

  • 比較的発電コストが低い
    再生可能エネルギーの中では発電コストが比較的低いため、近年では従来の電気事業者以外も商業目的で導入を進めています。工期の短さもメリットとなっています。
  • 変換効率が良い
    風車の高さやブレード(羽根)によって異なるものの、風力エネルギーは高効率で電気エネルギーに変換できます。
  • 地域のシンボルとして
    「風車は新エネルギーの象徴」と言うように、地域のシンボルとなり「町おこし」などでも活用されています。
  • 夜間も稼働
    太陽光発電と異なり、風さえあれば夜間でも発電できます。

平成29年度 買取価格・買取期間

買取価格

20kw以上 20kw未満 洋上風力
22円+税 55円+税 36円+税

買取期間

20kw以上 20kw未満 洋上風力
20年間 20年間 20年間

風力発電導入量
INTRODUCTION AMOUNT

風力発電導入ロードマップ:ビジョン

2050 日本低炭素社会シナリオ(環境省戦略研究開発プロジェクト:2008年6月)

http://2050.nies.go.jp/report/file/lcs_japan/2050_LCS_Scenario_Japanese_080715.pdf
シナリオA:9,300億kWh・利便性・効率性の追求から都市への人口・資本の集中が進展。
シナリオB:7,580億kWh・ゆとりある生活の追求により地方に人口・資本が分散化。

日本の風力発電導入量

出典:NEDO 日本における風力発電設備導入実績を基に、2016年度実績はJWPA独自調査結果を加えて編集

風車の構造
CONSTRUCTION

  • 1.ブレード
    風を捕まえて揚力を得て回転する
    2.主軸
    回転力を増速機に伝える
    3.ハブ
    ブレードの付け根を主軸に連結する部分
    4.増速機
    歯車装置で回転速度を約100倍に増速する仕組み(増速機を使わない方式の風車も少数あり)
    5.タワー
    ブレードとナセルを風の強い上空まで持ち上げる鋼鉄製の中空の筒

  • 日本風力発電協会
  • 6.ブレーキ
    風車の回転を止める装置
    7.発電機
    回転力を電気エネルギーに変える
    8.風向風速計
    風車の運転で必要な風の情報を収集する計測器
    9.ナセル
    発電機や増速機を格納する容器
    10.ヨー装置
    ナセルとタワーの間にある旋回転軸受を回して風車を風上に向ける仕組み

取り扱いメーカー
MAKER

  • zephyr
  • xzeres
  • osirisenergy

発電量と売買収入の無料シミュレーションをご依頼下さい!

お問い合わせ
CONTACT


ページトップへ